慶應義塾志木高校 進学 卒業生からのメッセージ💬 「最後まで諦めないことの大切さ」|2022受験体験記
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

慶應義塾志木高校 進学 卒業生からのメッセージ💬 「最後まで諦めないことの大切さ」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

T.Kさん
進学先:慶應義塾志木高校
併願合格校:開智高校、立教新座高校

私は、中1の春からSAPIXに通い始めました。最初は英語が足を引っ張り、思うような点数が取れませんでした。しかし、家でテキストの間違えた部分を解き直したり、SAPIXで復習をしたりすることによって、だんだんと良い点数が取れるようになり、基礎クラスから応用クラスになりました。しかし、中2に上がる直前で、新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、SAPIXもオンライン授業になりました。そして、私はあろうことか勉強をサボってしまいました。休校期間が明けても、私のサボり癖は直ることがなく、クラス分けテストでは散々な成績を取ってしまいました。

このままではまずいと感じた私は二つの決断をしました。一つは、受講科目を5科目から3科目に変更し徹底的に仕上げること。もう一つは親の目が届くところで勉強をすることです。この二つの決断は私の運命を大きく変えました。だんだんと良い成績が取れるようになり、応用クラスに返り咲くことができました。応用クラスは周りの生徒のレベルが高く、圧倒されることがしばしばありました。しかし、私は圧倒されると同時に、周りの人たちのようになりたいという強い思いを抱くようになりました。その思いがあったからこそ、最後の最後まで諦めることなく勉強を頑張ることができたのだと思います。

もちろん、自分の生活面を支えてくれた両親と自分の学習面を全力でサポートしてくれた先生方には、感謝してもしきれませんし、自分一人の力で合格したわけではないことは分かっています。しかし、受験で問われるのは、いかにして最後まで諦めずに努力できるかです。後輩の皆さんも、自分を信じて最後まで頑張ってください。そして、受験が終わったら、しっかりと感謝の気持ちをみんなに伝えてください。応援しています。


※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。