高校受験 SAPIX中学部
慶應義塾女子高校 進学 卒業生からのメッセージ💬 「ずっと忘れないSAPIXでの1年半」|2022受験体験記
見出し画像

慶應義塾女子高校 進学 卒業生からのメッセージ💬 「ずっと忘れないSAPIXでの1年半」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

Y.Mさん
進学先:慶應義塾女子高校
併願合格校:青山学院高等部、栄東高校、早稲田佐賀高校

「あった……あったー!」頭にはSAPIXの先生方の顔や言葉が次々浮かび、涙が止まりませんでした。

小中高一貫校にずっと通っていた私は、それまで高校受験なんで他人事。けれど、コロナで休校が続く中で自分を見つめ直し、「変わりたい、何か新しい挑戦をしたい」という思いで中2の夏、SAPIXに入室。そこから私の生活は一変しました。学校では既に高校範囲。たくさんの課題や試験に追われかなり両立に苦しみましたが、私は負けず嫌いなため、不利な環境の分、学校の休み時間も、周りは受験しない子ばかりで誘惑も多い中、遊びを我慢して常に勉強。そして受験まで毎日下校後、直接SAPIXに自習をしに向かいました。苦手だった数学は、中2の夏から間違った問題の解法・ポイントを自分なりにまとめた間違いノートを作成。毎回解き直しを丁寧に行い、毎日理解できるまでたくさん質問しました。英語と国語は先生のアドバイスを基に暗記したいことをまとめた小さなノートを作り、外出時は常に携帯。時間を見つけては一つでも覚えるよう努力しました。

とはいえ、競争心の強さが災いし、授業でも周りと自分を比べてはよく落ち込み、基礎クラスになった時は目が開かなくなるほど泣きました。ただそれでもその悔しさをバネに、部屋の壁に「次は勝つ!」など意気込みを張って自分を奮い立たせ、次のテストでは必ず挽回しました。直前の慶應女子高入試プレでは、得意だった英語で大コケし、しばらくモチベーションが下がったままでしたが、自ら慶女の校舎に足を運び、「絶対受かってやる」と門の前で決心しました。

そうして迎えた本番は、試験前に「私ならできる、私にしかできない」と唱えて自信を持ち、落ち着いて解くことを意識して最後まで諦めず全力で楽しみました。また、自分がこんなレベルの高い学校に挑戦できた幸せを噛みしめて、清々しい気持ちで帰ったのを覚えています。

先生方を信じ、自分を信じ、強い自分に変わり、合格をつかんだ1年半を、私は一生忘れません。


※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。