見出し画像

山手線沿線の難関高校をめぐる【南側エリア編】

高校受験 SAPIX中学部

「志望校を探そう」と思ったとき、家からのアクセスや特徴的な部活・行事をはじめ、附属校か進学校かなど、検討すべきポイントはたくさんあります。ここでは【JR山手線沿線】にある学校を2回に分けてご紹介していきます。

今回ご紹介するのは山手線の南側エリア(原宿~神田)にある5つの難関高校。基本的な学校情報や実際にその高校に通う先輩のコメントなどを読んで、あなたにぴったりの志望校を、ぜひ、見つけましょう!

【北側エリア編】はこちら↓


今回は、山手線南側エリアをご紹介

※本記事は2022年2月14日現在の情報を基に作成しています。


青山学院高等部 【渋谷駅】

分類  :私立/共学
所在地 :〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25(地図はこちら
アクセス:
◇渋谷駅 徒歩12分
(JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線)
◇表参道駅 徒歩10分
(東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線)
TEL:03-3409-3880
URL:http://www.agh.aoyama.ed.jp/

<スクールモットー>

地の塩、世の光
本校はキリスト教教育に基づいて一人ひとりの人格を育み、自らの道を切り拓く力を養います。
また、隣人とともに生きることを喜び、世界の平和に貢献する人物の育成を目指します。

引用:http://www.agh.aoyama.ed.jp/education/index.html

<学校概要・特徴>

1950年に共学高等部として開設された歴史ある学校。「真実を求める心と、愛と奉仕の精神を育むキリスト教教育」「思考力・判断力・表現力を育む教科教育」「自分の役割を知り、他社と共に生きる力を育む共生教育」「広い視野と社会に貢献する力を育むグローバル教育」の四つを教育目標として掲げています。要であるキリスト教教育は、毎日の礼拝を中心に行い、聖書について学ぶ授業も実施。希望者はボランティアやバイブルキャンプにも参加できます。

<特色ある教育の取り組み>

グローバルな視野を養うため、イギリスやイタリアの提携校との短期交換留学や、カナダ・ホームステイ、フィリピン訪問など、国際交流プログラムが豊富。2019年度までSGH(スーパーグローバルハイスクール)指定校として培った経験を生かし、グローバルな探究学習を推進しています。大使館講義やEnglish Camp、フェアトレード研究、海外生活経験者から話を聞けるGlobal Weekなどのイベントに加え、「LogBook」という記録ノートの存在です。日々の授業や諸活動における気付きを書き溜めつつ、その集大成として高2の終わりの春休みに「平和・共生論文」を執筆します。

SAPIX中学部卒業生の声📣

◆青山学院には帰国生もいますし、広い地域から生徒が集まるので、価値観もそれぞれ。自分とは異なる考え方に触れる機会が増え、視野が広がったと思います。
◆プロテスタント系の学校なので、12月にはクリスマス礼拝が行われます。演劇部によるキリストの生誕劇や、有志バンドによる賛美歌の演奏など盛りだくさんの内容です。
◆派手な生徒が多いと思っていましたが、実際はみんな真面目で、何事にも一生懸命に取り組みます。かといって堅物ではなく、面白い一面もあって、
一緒にいて楽しい仲間たちです。


慶應義塾女子高校 【田町駅】

分類  :私立/女子校
所在地 :〒108-0073 東京都港区三田2-17-23(地図はこちら
アクセス:
◇田町駅 徒歩10分
(JR山手線、京浜東北線)
◇三田駅 徒歩8分
(都営地下鉄浅草線、三田線)
◇白金高輪駅 徒歩10分
(東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線)  ほか
TEL:03-5427-1674
URL:https://www.gshs.keio.ac.jp/index.html

<教育理念>

「独立自尊の精神の涵養」
~自由・開発・想像~

https://www.gshs.keio.ac.jp/information/gakkou-gaiyou.html

<学校概要・特徴>

生徒を細かな校則で型にはめるのではなく、それぞれの個性を尊重しながら、自由な雰囲気の中で共に学ぶ学校です。生徒が自由に学び、一人ひとりの中に眠る優れたものを自らが考え、開発・発育させ、そして自身の生き方・新しい世界を創造してゆく機会や場をつくることが、慶應女子高の教育です。福澤諭吉が説いた「独立自尊」の精神の下、自分を大切にし、他人の立場と意見を尊重し、自分を愛する気持ちで隣人を愛する人となるよう、知性を磨き情操を育てます。
また、元徳川邸の敷地に建てられたため武家屋敷の片鱗を留め、都心でありながら情緒ある雰囲気を与えています。2014年度より別館校舎が加わりさらに充実した学習環境が整いました。
女子生徒が安心・安全で快適な学校生活を送れるよう、さまざまな施設が整っています。慶應義塾大学保健管理センターなどの医師が校医として勤務している保健室・カウンセリングルーム、警備員の24時間配置。そして、メニューやデザートも豊富な食堂ホール、大きな鏡やウォシュレット機能を設置した洗面所、いつでも自由に団欒できる談話室などがあります。クラブ活動や課外活動・自習などでは、慶應義塾大学などのさまざまな施設を利用しています。

<特色ある教育の取り組み>

5クラスで編成されています(学則定員1学年192名)。
1年次には、特定の分野に偏らない幅広い基礎的な知識と教養を習得し、2年次からは豊富な選択科目が設置されます。選択科目では、生徒各自の進路や知的興味に応じた専門的・学究的な知識と教養を習得していきます。例えば、フランス語や中国語などの外国語や、本校教員だけでなく慶應義塾大学の教員が担当する専門的な内容の授業を履修することができます。
特色ある教育としては、国語科において、2年次には原稿用紙80枚以上の小説を執筆する「80枚創作」、白居易の漢詩をそらんずる「長恨歌暗誦」、3年次には文学作品に関する論文を作成する「国語科レポート」などの課題があります。これらは、すべての基礎となる日本語力を高めることを目標にしています。

SAPIX中学部卒業生の声📣

◆女子高は静かで真面目というイメージでしたが、クラスのみんなは常に元気でにぎやかです。オンとオフを切り替えながら、勉強にも遊びにも全力で臨むという感じです。
◆女子同士でもベタベタせず、みんなさっぱりとした性格です。一人一人が自立していて互いの個性を認め合う雰囲気なので、とても居心地が良いです。
◆教科書の内容だけでなく、さらに発展させた話を聞くことができ、型にはまらない授業をする先生が多いです。周りの友達も勉強熱心な人ばかり。授業中は真剣にメモを取る人が多いので、とても刺激を受けます。


東海大学付属高輪台高校【品川・高輪ゲートウェイ・目黒駅】

分類  :私立/共学
所在地 :〒108-8587 東京都港区高輪2-2-16(地図はこちら
アクセス:
◇高輪ゲートウェイ駅 徒歩12分
(JR山手線・京浜東北線)
◇目黒駅 バス→徒歩5分
(JR山手線)
◇品川駅 バス→徒歩5分
(JR山手線)
◇白金高輪駅 徒歩6分
(東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線) ほか
TEL:03-3448-4011
URL:https://www.takanawadai.tokai.ed.jp/

<教育方針>

社会に対する強い使命感と豊かな人間性を育む教育を目指す
人を愛し、人に愛される心豊かで、明朗闊達な人材を育成する。
◆学習意欲を高め、基礎学力の充実を図るとともに、広く教養を求める態度を養う。
◆部活動への積極的な参加により、心身ともに健全な人格を培う。
◆積極的な学校生活体験を基に、自主自律の精神を養う。

https://www.takanawadai.tokai.ed.jp/senior/guidance/

<学校概要・特徴>

東海大学の「建学の精神」の理念に基づいた教育方針で、高校・大学7年間の一貫教育を実践。「建学の精神」を具体的に学ぶ「高校現代文明論」を中心とした授業によって、人生の基盤となる正しいものの見方と考え方を養い、文系・理系をバランスよく学習する文理融合教育を展開しています。実験や実習を大切にし、しっかりとした学力の上に、論理的に物事を考える力や表現する力をつける、「生徒参加型・問題発見解決型」の授業を展開しています。常に生徒の目線に立った魅力ある授業によって、生徒一人ひとりに確かな学力を身につける指導を行っています。

<教育の特色>

高校の理数科教育においては、2004年度から文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校として3期連続13年間採択され、2017年度には第4期5年間のSSH再指定を受けました。先進的な理数系教育を実施し、将来の国際的な科学技術者を育成する高校として着実にその成果を上げています。また、2008年度には他に先駆けて、38教室すべてにアクティブボード(電子黒板)を導入し、デジタル教材やネットワークを活用した新しい形態での授業を展開しています。2019年度からはBYODによる一人一台のPC環境を実現し、ICT教育を推進しています。


東京工業大学附属科学技術高校 【田町駅】

分類  :国立/共学
所在地 :〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6(地図はこちら
アクセス:
◇田町駅 徒歩2分
(JR山手線・京浜東北線)
TEL:03-3453-2251
URL:https://www.g.hst.titech.ac.jp/top

<学校概要>

1886年の創立を起源とし、その後の変遷を経て1951年に東京工業大学附属工業高等学校、2005年に東京工業大学附属科学技術高等学校と名称を変えて現在に至る、創設130年以上もの長い歴史と伝統のある理工系の高等学校。文部科学省がスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を始めた平成14年度から連続してSSH校に指定されている他、2015年度~2019年度までの5年間にわたりスーパーグローバルハイスクール(SGH)にも指定され、現在もSGHネットワークに参加。これらを生かしながら、21世紀における科学・技術をささえる人材を育成するための新しい教育理念に基づいた高校教育に取り組んでいます。

<教育の特色>

科学・技術の学習を進める上で、【応用科学分野】【情報システム分野】【機械システム分野】【電気電子分野】【建築デザイン分野】の5つの専門分野に所属して学習します。どの分野でも本格的な実験や実習を行い、各分野の特性を生かしながら、知識の深化と技術の習得を目指し、普通高校にはできない学習に取り組みます。


明治学院高校 【品川・高輪ゲートウェイ・目黒駅】

分類  :私立/共学
所在地 :〒108-0071 東京都港区白金台1-2-37(地図はこちら
アクセス:
◇品川駅 徒歩17分/バス7分
(JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、京浜急行線)
◇高輪ゲートウェイ駅 徒歩14分
(JR山手線・京浜東北線)
◇目黒駅 徒歩20分/バス7分
(JR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線) ほか
TEL:03-5421-5011
URL:http://www.meigaku.ed.jp/

<教育理念>

「真理を目指して輝く目」
「優しさ」や「思いやり」という目に見えないものに目を注ぎ、一人ひとりが「世の光」となって平和を作り出すものとして歩み出す、これがキリスト教を柱とする明治学院の建学の精神であり、教育の理念です。

http://www.meigaku.ed.jp/info-school/educational-idea

<学校概要・特徴>

明治学院は江戸時代の終わりごろ、主に三人の宣教師、ヘボン、ブラウン、フルベッキによって創立され、その後1948年に新制高等学校が開校しました。キリスト教を教育の基本としている明治学院高等学校のスクールモットーは、「隣人を自分のように愛しなさい(マタイによる福音書22章39節)」です。キリスト教精神を理解し、世界平和に貢献できる人間形成を目ざした教育を実践し、さまざまな人の意見や考え方から学ぶ姿勢を大切にします。

<教育の特色>

完全週6日制によって、授業時間数を確保するとともに、生徒が部活動や行事に取り組む時間を保証。キリスト教主義にもとづき、各学年週2回、礼拝を行ない、1年生で「キリスト教と音楽」、全学年で「聖書」の授業を必修としています。また、調査や体験を通して課題解決能力を高めることを目的とした授業「総合探求」を実施。1年生は「ガイダンス合宿」で学ぶ「キリスト教と明治学院」をテーマとしてレポートを作成し、2年生は、各テーマに基づいた授業と研修旅行(実地調査・体験学習)を行います。「長崎を学ぶ」「沖縄の文化・歴史・自然を学ぶ」「はんなりと京都を学ぶ」など多様なコースから選択することができます。



【ワンポイントアドバイス】志望校が見つかったあなたへ

行きたい学校が見つかったら、まずは模試などを受験し、今現在の自分の学力や、ライバルと比較してどれくらいの位置にいるのかなどの現状を把握することが重要です。その上で、その学校に合格するためには何が必要か、またどういった力が不足しているかを分析し、学校や塾の先生に今後の学習指針について相談してみると良いでしょう。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。