お茶の水女子大学附属高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「挫折をバネに」|2022受験体験記
見出し画像

お茶の水女子大学附属高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「挫折をバネに」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

M.Oさん(お茶の水女子大学附属高校 進学)保護者さまより

娘は中2の夏からSAPIXにお世話になりました。中学受験で第一志望校に合格できず、高校受験でもう一度トップ校を目指したいという本人の希望で公立中に進学しましたが、自分は勉強ができるという慢心に加えて優等生タイプではない娘は学校の先生方との折り合いが悪く、授業に身が入っていなかったようでした。中2の夏、三者面談で合格できる高校として告げられたのは想定していなかった学校。親子でショックを受け、SAPIXに駆け込みました。

入室テストでの偏差値に再び親子でショックを受けましたが、通塾オリエンテーションでやるべきことを細かく指示していただき、毎日その課題とSAPIXの勉強に取り組んだ結果、半年後にはカリキュラムに追い付くことができたようです。偏差値も難関校を目指せるまでに上昇し、娘の将来の希望を踏まえ外部受験がしやすい学校の中から自主自律の精神と大らかな校風に惹かれたお茶の水女子大附高を目指すことになりました。

SAPIXでの勉強は面白さもあってかとてもよく頑張っていたので、苦手な英語と理科は苦戦したものの全体としての成績は右肩上がりで推移していきました。入試直前サピックスオープンで過去最高の成績を収めて迎えた1月校の入試。合格可能性80%が出たという慢心もあってか不合格に。ずっと80%をキープしていたお茶の水女子大附高も、もっと真剣に対策しないと合格できないかもしれない……と特に苦手だった理科にも積極的に向き合うようになりました。

中学受験での経験から第一志望校の入試日までにできるだけ体力を温存させたいと考えていたため、受験する学校を絞りたいと面談で伝えたところ、的確な併願パターンを提案していただき、お茶の水女子大附高入試の前日前々日はしっかり体調を整えることができました。精神面でも最後の入試に向けて集中し直すことができたようです。そして迎えた当日は心身ともに絶好調。お茶の水女子大附高の素敵な校舎と優しい先生方に感動し、通いたいという気持ちが高まった中で受けた試験は大変手応えがあったようで、数学は絶対満点! 英語も理科も今までで一番できた!やり切った!悔いなし!と笑顔で帰宅しました。結果がどうであろうとも悔いなく受験生活を終えられたことに私も安堵し、晴れ晴れとした気持ちになりました。

先生方の的確なご指導や叱咤激励、優秀なクラスの皆さんに引っ張ってもらったおかげで娘もここまで頑張れたと思います。本当にありがとうございました。

M.Oさんより保護者さまへのメッセージ
「夜遅い帰りでもおいしいご飯を作って待っていてくれてありがとうございました。」

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。