東京都立青山高等学校 2022年出題傾向リサーチ
見出し画像

東京都立青山高等学校 2022年出題傾向リサーチ

高校受験 SAPIX中学部

英語

①リスニング問題:小問数5

例年通り、問題Aと問題Bの2つに分かれていました。問題Aは設問ごとに対話とそれに関する質問を聞き、適切なものを選択肢から答える形でした。問題Bはカナダの中学生によるスピーチで、その内容に関する選択問題と英文記述問題でした。

②対話文の読解(約1190語):小問数14

4人の高校生による、オンライン授業のメリットやデメリットについての対話文です。問2は、本文の空所に入れるのに「適切でないもの」を選ぶという指示文をよく読む必要がありました。問6は本文中の空所に適した内容を入れる問題で、選択肢それぞれに含まれる異なった疑問詞が、解くうえでのヒントになりました。問8の本文の内容として正しい英文の組み合わせを選択する問題は、都立青山高の特徴と言える出題形式です。問9は、最も印象に残っている授業について40語以上50語以内の英語で書くものでした。

③説明文の読解(約1150語):小問数13

イギリスにあるストーンヘンジの歴史や、建てられた背景などについて書かれた説明文でした。問4や問5では、正しい内容理解を地図やイラストを用いた問題で試されました。都立青山高では内容を図で示す問題が頻出です。大問全体として、複数出てくる西暦やさまざまな角度からのエピソードなど、情報を整理する力が大きく求められ、問1や問6はその理解を確認する問題でした。大問2と同様に、問7は本文の内容として正しい英文の組み合わせを選択する問題でした。2022年の都立青山高2つの長文読解は、2021年にそれぞれ1000語を超えていましたが、2022年はさらに語数が増えました。そのうえ、大問3は丁寧に読まなければ内容理解が難しいものであり、難化したと言えます。

数学

①小問集合

平方根の計算、二次方程式、確率、資料の整理、作図の5問からなる小問集合でした。いずれも基本問題なので完答しておきたい大問です。

②二次関数

放物線上を動く点によって作られる図形について考える問題でした。すべての小問が独立しているため、その都度使える条件を確認する必要がありました。〔問3〕は解法によって、正答率に差が開いたと思われます。

③円

2つの円が交わってできる図形に関する問題でした。〔問1〕はともに三角定規の角度を利用する問題で、基本的な内容でした。〔問2〕の証明は解法の方針が指定されていたので取り組みやすくなっていたものの、図形が複雑だったため難しく感じた受検生も少なくなかったことでしょう。

④空間図形

直方体とその辺上にある点を結んでできる図形を調べていく問題でした。〔問1〕は基本問題なので確実に正解しておきたいところです。〔問2〕(1)では例年通り、自ら求めるものを選択するという形式での出題が見られました。〔問2〕(2)の難度は高くないため、時間配分に注意してしっかりと解ききりたいところです。

国語

①漢字の読み取り

例年よりは少ないものの、高難度の漢字も含まれていました。それ以外のものは確実に正解したいところです。

②漢字の書き取り

標準的なものがほとんどですが、受検生になじみの薄い熟語も出されていて、文脈をふまえながら慎重に解答することが求められました。

③山本甲士『わらの人』

孫娘とともに地域興しを企画する老人の様子を描いた物語文からの出題です。平易な会話文が多く交えられているため、読みにくさはありません。2021年と比べると、記号選択が2問減少した代わりに、抜き出しが2問出されました。抜き出す内容は難しくないため、傍線部前後の展開からある程度その内容を予測したうえで探していけば、時間をかけすぎずに正解にたどり着けたと思われます。

④加藤尚武の文章/岩佐茂の文章

現代の世代が未来の世代に対して負っている責任について論じた2つの文章からの出題です。2019年から3年連続で出された図表の読み取りはなくなり、2つの文章を読み解く形式へと変化しました。両方の文章に関わるものが2問出されています。作文は5年連続で、文章の内容だけでなく、複数の生徒の発言をふまえて書く形式です。

⑤高橋和夫『日本文学と気象』

清少納言の自然観について、『枕草子』を引用しながら論じた文章からの出題です。設問数が一番少ない大問なので、手早く処理したいところでした。2022年も傍線部や解答に古文が含まれる問題が出されていて、古文に慣れている受検生に有利な傾向が続いています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。