【筑波大学附属駒場高校 合格者インタビュー】 「今、足りないもの」に真剣に向き合い 探究し続ける学習姿勢で全戦全勝!
見出し画像

【筑波大学附属駒場高校 合格者インタビュー】 「今、足りないもの」に真剣に向き合い 探究し続ける学習姿勢で全戦全勝!

高校受験 SAPIX中学部

「合格者インタビュー」では、難関校に合格したSAPIX中学部卒業生が何をどう学び、どのような道のりを経て合格へたどり着いたのかを語ります。聞き手は卒業生を身近で見守ってきたSAPIX中学部の講師。今回のインタビューに登場いただいたのは、SAPIX中学部東京校から筑波大学附属駒場高校に合格したTさんです(聞き手:SAPIX中学部東京校 室長 仙田)。

※Zoomを使用して2022年4月8日に取材を行いました。
※この記事は2022年6月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』213号に掲載された記事のnote版です。

優秀な仲間と切磋琢磨。”刺激”を糧に実力を養う

仙田 筑波大学附属駒場高校合格、おめでとうございます。Tさんは中1の夏からSAPIX中学部に通い始めましたね。入室当初の印象を教えてください。
Tさん 「SAPIXは厳しい」というイメージがありましたが、先生の話が面白いので授業が楽しく、教室内も明るい雰囲気でした。クラスメートは科目ごとにずば抜けて優秀な人たちがいて、大いに刺激されました。簡単には勝てないクラスメートの存在があったからこそ頑張ることができたのだと思います。
仙田 Tさんは模試でトップクラスの成績を残していましたが、国語が足を引っ張ることがありましたね。
Tさん 古文が苦手とか、記述が苦手とか、明確な理由はないのに、なぜか点を取り切れないことが続きました。でも、同じクラスに国語がすごくできる女子がいて、「このままではいけない」と奮起。中3の夏には電話帳$${^※}$$の国語を他の人の2倍以上取り組むことで実力を高めました。
仙田 中1の時は漢字の穴埋めの小テストで居残りになったこともありましたね(笑)。
Tさん 今では友人と笑いながら当時のことを話していますが、自分の語彙の少なさを痛感しました。受験は、小さな知識の積み重ねが大きな差になることが多いと思います。ですから、漢字や英単語などの知識は隙間時間を利用して固めていきました。例えば電車の中や、SAPIXで授業が始まる前の5分間といった短い時間も無駄にしないよう心掛けていました。
仙田 Tさんは、中学時代に生徒会長を務め、中2までは地域のクラブチームでサッカーもしていました。SAPIXとの両立は大変だったと思いますが、どのように学習計画を立てていましたか。
Tさん 「サッカーをしていない人に比べて、僕には勉強時間が半分しかない。それなら、何倍も集中して取り組もう」と考え、頑張りました。課題の提出日から逆算し、「その日にするべきこと」と「自分に今、足りないもの」を頭の中で整理し、学習計画に盛り込みました。工夫したのは取り組む順番です。僕は数学が好きなので、数学はお楽しみとしてとっておき、あまり気が進まない科目を先に済ませました。この方法なら苦手な科目に対しても意欲を保てたのです。
仙田 Tさんは常に自分にとって最適な方法を考えながら学習することができていました。中2までは学習方法について講師に相談に来てくれていましたし、中3からは思考力を生かしながら自分で学習を進められるようになりましたね。授業にも、自分の知らない知識を正確に得たい、という探究心を持って臨んでいたことが合格につながったのだと思います。

他校舎の精鋭が集うSS特訓。新たな環境で1位を狙う

仙田 SAPIXで特に印象的な授業はありましたか。
Tさん SS(サンデー・サピックス)特訓です。他校舎から生徒が集まってくるので、さらに火が付きました。好きな数学でも、ものすごく優秀な人がいたおかげで「負けられない!」という気持ちで頑張れたのだと思います。内容的にも量的にもハードでしたが、SS特訓のテキストは受験直前まで繰り返し解きました。
仙田 SS特訓が始まる前はサピックスオープンでなかなか1位を取れず、悔しい思いもしたけれど、夏休み明けから成績が上がり始めましたね。
Tさん 仙田先生から「2位コレクター」と呼ばれていました(笑)。特に中3の春は思うような成績を残せず苦しみましたが、個人成績表を見て、どうすればもっと良くなるのか、得意な科目はどうすればもっと伸びるのか、という点に気を付けて復習するようにしました。
仙田 その結果、入試直前サピックスオープン、開成高入試プレで堂々の1位! 最高の仕上がりで入試を迎えることができ、開成高をはじめ、筑駒高まで全勝しました。
Tさん はい。僕は筑駒高と開成高の2校に絞って学習を進めていたので、開成高の合格は大きな自信につながりました。
仙田 そして、筑駒高も見事合格。でもその後、都立校を受けるかどうか相談に来てくれましたね。
Tさん 中1・2の頃は漠然と筑駒高か都立日比谷高に行きたいと考えていました。校舎に来てくれた都立日比谷高の先輩から聞く学校生活の話がとても興味深く、魅力を感じたのです。仙田先生からは「高校受験は夢への過程の一つ。高校3年間で自分はどのように成長したいのか、自分にとって一番豊かになれる環境はどこなのか、よく考えて決めるといい」とアドバイスされ、最終的に自分自身で筑駒高への進学を決めました。SAPIXフォーラムで聞いた先輩の体験談も、志望校選びではとても参考になりました。
仙田 入試直前や当日で気を付けたことはありますか。
Tさん 僕は朝起きるのが大の苦手で、毎朝8時に起きて10分で支度して登校していました(笑)。でも、入試が近づいてからは試験の開始時間に合わせて朝6~7時には必ず起きるようにしました。また、入試当日はSS特訓などで見知っていたメンバーも多くいましたが、休み時間には話さないようにしました。他校の入試で試験後に問題について友人と話していたら、間違いにたくさん気付いて自信を失ってしまったからです。これはとても大事だと思います。
仙田 Tさんは「超夜型」と言っていましたが、「夜12時までには寝ること」というアドバイスは守っていたようですね。
Tさん はい、遅くても夜12時には寝るようにしていました。僕は朝学習ができなかったので、先ほど言ったように知識の積み重ねは隙間時間を徹底的に活用し、演習問題には集中して取り組みました。

自分の得手不得手を知ることが、志望校合格への近道

仙田 テレビやゲーム、スマートフォンなどの誘惑にはどう向き合いましたか。
Tさん 僕は音楽を聴くのが大好きで、中1・2の頃は音楽を聴きながら勉強することもありました。普段勉強については口を出さない親からも、これはさすがに注意されました。それからは入浴中や学校の支度をしている時など、「ながら」で聴ける時に楽しむようにしていました。また、家にいるとついテレビを見たくなったり、おやつを食べたくなったりします。そんな誘惑を断つために、できる限りSAPIXで自習するようにしました。
仙田 これからは大好きな音楽を思い切り楽しめますね。後輩にお薦めの曲はありますか。
Tさん ゆずの『REASON』といきものがかりの『笑顔』です。受験勉強がつらい時、励まされました。
仙田 受験を終えた今、振り返ってみて後輩へのアドバイスを。
Tさん 受験の勝因として大きいのが、「自分の得意不得意が分かった」ということです。模試や普段の授業に全力を尽くして復習と反省を丁寧に行えば、得手不得手は必ず見えてきます。僕は国語が苦手で、数学は得意な方でした。得点できなかったものについてはその原因を明らかにして埋めていき、得意なものはさらに磨きをかければ、受験会場で大きな力になると思います。あと、注意してほしいのがケアレスミス。僕は得意の数学で問題を読み飛ばしたり、計算を間違えたりして痛い目に遭いました。特に数学では一つのミスがマイナス10点近くになることもあります。試験では緊張しますし、そもそもミスをしない人なんていません。だからこそ、問題文は全て丁寧に読み、計算式はきれいに書く、といった慎重さや、より簡単に解ける方法を考えて計算を減らす工夫をすることなどが最後にとても重要になるのだと思います。
仙田 これから始まる高校生活への思いを聞かせてください。
Tさん 高校では大好きなサッカーを再開したいので、サッカー部に入りたいです。また、筑駒高は内進生が大半を占めているので、優秀な人が多いと思います。まずはその差を埋められるように頑張ります。
仙田 最後に、長い受験生活を支えてくれたご家族にメッセージをお願いします。
Tさん 受験生活の間は家の手伝いが全くできず、ささいなことでけんかもしました。でも、そんな僕をいつも見守り、受け入れてくれ、とてもありがたかったです。食事や睡眠、学習環境を家族に整えてもらった上での合格だと思っています。本当にありがとうございました。
 
※電話帳…問題集『全国高校入試問題正解』

Tさんから後輩の受験生へ
僕にとって高校受験は、正直「つらい」の一言でした。でも、つらくて苦しくなるほど勉強したからこそ、今の自分があると思っています。「これだけ取り組んだのだから、絶対に負けない」という自信を持って本番に臨めました。後輩の皆さんも、これから大量の課題と格闘したり、大好きなことを我慢したりしなければならないこともあるでしょう。でも、つらいほど合格への道は近くなると信じて、最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。

Tさんから仙田へ
中1の頃から仙田先生の面白い授業を受けることができて、楽しかったです。応援動画は、試験前に必ず見てから行っていて、とても励まされました。先生の最後の授業の言葉「人のために生きる」はずっと忘れません。今まで本当にありがとうございました。
 
仙田からTさんへ
予定通りの全勝合格、そして筑駒高への進学、おめでとうございます。あなたが膨大で厳しい課題を乗り越え、揺るぎない学力と切磋琢磨できる友人を得たこと。あなたの自信にあふれた笑顔がいつもクラスを勇気づけたこと。あなたを目標に、今燃えている後輩が、あなたの背中を見ていること。家族や逆境への感謝。これらを忘れずに、これからも全身全霊で充実した日々を過ごしてください。

◇受験情報誌『スクエア』無料進呈中
資料請求された方に、受験情報誌『スクエア』最新号を無料進呈中。SAPIX中学部講師による学習アドバイスや、最新の高校入試情報、SAPIX中学部卒業生へのインタビューなど、受験勉強のヒントになる記事が満載です。SAPIX中学部ホームページよりお気軽にご請求ください。

◆2022年8月12日(金) ~ 14日(日)、「中3 筑駒理社特訓」を実施
SAPIX中学部では、筑駒高合格を目指す中学3年生を対象に「中3 筑駒理社特訓」を開講します。筑駒高の入試突破には理社の攻略が必要不可欠ですが、その上で最も重要なのは、なんといっても早めの準備。同じ目標を持つ仲間と高め合える集中特訓で、筑駒高合格を目指しましょう。

▼「中3 筑駒理社特訓」の詳細はこちら▼


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。