SAPIXの国語 ~難関高校合格のメソッド~
見出し画像

SAPIXの国語 ~難関高校合格のメソッド~

母語として思考力や表現力を育む国語は、他科目の学力アップにも大きく関わる科目といわれています。一方、国語が苦手な受験生からは「勉強の仕方が分からない」「勉強しても意味がない」といった声が聞こえてくることもあります。読解力や記述力はどうすれば伸ばせるのでしょうか。また、苦手を克服するには何が必要なのでしょうか。SAPIX中学部の国語科教科長が解説します。

国語力はあらゆる科目の土台
真面目な取り組みが合格への道

国語力は全ての科目に影響を与えるといわれています。どの科目も基本的に問題文は日本語ですから、国語力が足りないと、問われていることが読み取れません。例えば、入試の問題文が長めの公立校の理科では、読み飛ばすと大事な情報を落としてしまうことがあります。英語の長文読解や、英文和訳で最適な語を選び出すときにも、国語力が影響します。そのためSAPIXでは、国語の授業を英語や数学とほぼ同じ時間数に設定して、あらゆる科目の土台となる力を高めています。

近年の難関校入試の出題傾向の特徴は、精度が重視されていることです。いわゆる難問・奇問が少なくなり、受験勉強をしていればよく見かけるような「普通の問題」を取りこぼさずに解けるかどうかで、合否が分かれるようになっています。ポテンシャルよりも、努力によって培われる「形に現れる学力」が求められています。つまり、合格を勝ち取るには、真面目な受験生であることが大事だといえます。

一方で、筑駒高、お茶の水女子大附高、慶應女子高など、問題が難しい年度が続くことがある学校も例外的にあります。例えば、記述問題でいうと、典型的な設問は傍線部の言い換えをしたり理由を答えたりするものですが、さらに自分の言葉で補うことを求めたり、表現意図を尋ねたりするような問題が出されることがあります。また、古文は短歌や俳句が含まれると、難度が上がる傾向にあります。今の中学生は古文をかなり苦手にしていて、そこで点差が開いてしまうので、SAPIXでは教材も充実させて重点的に鍛えています。

今の中学生の世代は時代劇をほとんど観ないためか、「汝」「某」「仕る」「されど」など、古典の世界で普通に出てくる言葉になじみがありません。そうした「異物感」のようなものが古文を苦手とする原因の一つではないかと思っています。耳にしたことがないためか、音読させてみると、たどたどしいリズムになります。本来、現代文と古文は地続きなのですが、生徒たちにとって古文は外国語に近い感覚になっているようです。そのため、受験勉強では一から学んでいかなければならず、負担にもなります。

オリジナル教材と演習を活用し
生徒に最適化された授業を実現

SAPIXのテキストは、講師自身が作成しているという点で、市販の教材とは明確な差があります。例えば、国語では解答部分に生徒の誤答例を「よくある間違い」として載せています。記述に関しても、「なぜこう書いてはいけないのか」「こうではなく、このように書くべき」というきちんとした解説や採点基準を付けています。授業の現場で生徒と向き合い、生徒の様子をつぶさに見ているからこそ、このようなテキスト制作が可能になるのです。医学の世界でいえば、臨床と研究を両立させるようなイメージです。より良い教材を目指して、毎年内容のアップデートを重ねています。

授業では生徒が実際に問題を解いている姿を見ることができる演習の時間を多く設けています。一人一人の生徒の特徴をつかみながら指導できるので、演習時間の観察に基づいて授業内容も変化します。「みんなが理解しているので、これは軽く触れるだけで十分だな」とか、「つまずいている生徒が多いから、この部分は手厚くしよう」というように、生徒にとって必要なことを選択しながら授業を進めています。

SAPIXのカリキュラムの特長は、受験を乗り越えるために必要なものが一通り整っているということです。何をどうやって勉強すれば良いのか分からないと、誰でも不安になります。例えば、入試の現代文にはよく出題されるトピックがあります。多様性や受容性、AI、スマホ、SNSなど、現在の世相を反映したテーマがそれですが、そうしたものもカリキュラムに組み込んでいます。しっかり授業を受けてテキストに取り組めば、自然と受験に必要なものを身に付けることができるようになっています。

画像1

テキストには詳しい解説や採点基準を付いています。誤答例を示しながら必要な要素を確認し、記述力を高めます。

読解力と記述力を伸ばすために

読解力を伸ばすには、より多くの文章に触れて、テーマ自体や使われている言葉を理解し、読める幅を増やしていくことが大切です。これは論説だけではなく小説でも同じです。話の内容や登場人物の年齢が自分に近ければ、その心情も分かりやすいですが、書かれた時代や物語の舞台が古い場合や、年齢や立場の大きく異なる人物の心理を理解するにはそうした文章を数多く読みこなした経験が求められます。手が伸びにくい領域にも幅を広げていくことが必要だと考えています。

SAPIXでは、記述問題の添削指導も重視しています。日本語の組み立てがうまくなかったり、いつも決まった要素を落としてしまったりと、記述問題の解答には生徒ごとの弱い部分が浮き彫りにされます。そうした欠点を自覚して直していくには、解答を客観的に見てもらうことが不可欠です。特に重要になるのが、中3の秋以降に志望校の過去問で添削を受けることです。将棋の感想戦(※)のように、「ここはこうすれば良かったね」などと指導することが増えていきます。

また、国語のテキストには「予備解答欄」という書き直し欄のようなものを設けています。説明を聞いているだけで終わってしまうと、後で再現しようと思ってもできないことは珍しくありません。頭の中だけで完結させず、実際に手を動かして自分で解答を書き直してみる。これを習慣付けるのが大切なのです。

※感想戦とは、対局が終わり、勝負が決した後に、戦った棋士同士が対局を振り返って感想を述べ合いながら、研究・検討すること。

国語力を伸ばすには弱点を知ることが重要

国語力を伸ばすにはどうすれよいでしょうか。それには、まずは自分の弱い部分を知るために、国語力を構成している要素を分解してみましょう。一つは知識で、語彙と置き換えることもできます。また、読む、解く、書くという作業もあります。語彙が乏しい人は漢字の勉強から始めてその量を増やしていく。読む部分が弱いなら、授業と家庭学習によって、日常的に文章を読む機会を確保すること。解くことについては授業や復習を通じて解法を身に付けましょう。書くのが苦手な場合はとにかく実際に書いて慣れていくほかありません。このように、自分の不得手な部分が分かると、力を入れるべき方向性がはっきりしてきます。

読書が苦手、嫌いという生徒は、誰かに与えられたものではなく、自分で選んで面白そうだと思う本を読んでみましょう。もちろん、読み始めたらつまらなかったということもあるでしょうが、そこで読書自体をやめてしまわないこと。自分で選べないときは、テキストの中で面白いと思った文章の本を読んでみるのもお勧めです。テキストの題材はバランスが取れているので、読書の幅は必ず広がります。

論理的な解法パターンを武器に
入試の国語を攻略しよう

国語の学習が苦手な生徒には二つのパターンがあります。一つは「国語は日本語だから、勉強しなくてもできる」と、学習を遠ざけてしまうケース。この場合、私はその生徒に「戦う相手は著者ではなく、作問者だ」と伝えます。設問に答えることは、単に書かれている内容を理解することとは違うのです。もう一つは「どうせ勉強しても伸びない」と諦めているケース。直接的に書かれていない心情を理解する小説が苦手だという相談をよく受けます。こうした生徒には「高校入試で主戦場となるのは論説だ」と回答します。また、理系の科目が得意な生徒には、「読解は情報処理のようなものだ」と話すと納得しますね。書かれていることの内容を整理して論理的に考えれば良いのです。本文に線を引きながら読むことで、ポイントを可視化することも効果的です。 作問の背景には必ず何らかの理由がありますが、そのバリエーションはそう多くありません。それを解法にのっとって処理できるようになれば、国語への不安を払拭していけるはずです。設問を分析し、求められているパターンを蓄積していく。SAPIXではそうした方法を整理整頓し、生徒が志望校に合格できるような体制を整えています。

卒業生に聞くと、SAPIXでの友人関係は、別々の高校・大学に進んでも、社会に出てからも続いていることが多いようで、そうした意味でも、学校とはまた違った得難い場になっています。授業では、クラスメートの鋭い視点や発言に刺激を受ける機会も数多くあります。同じ場所に同じ目標を持った同じ年齢の子が集い、切磋琢磨して、共に入試という大きなイベントを乗り越えていく。その経験を通じて、今後の人生を切り拓くための自信を付けていってほしいと願っています。

◇受験情報誌『スクエア』無料進呈中
資料請求された方に、受験情報誌『スクエア』最新号を無料進呈中。SAPIX中学部講師による学習アドバイスや、最新の高校入試情報、SAPIX中学部卒業生へのインタビューなど、受験勉強のヒントになる記事が満載です。SAPIX中学部ホームページよりお気軽にご請求ください。

※この記事は2021年10月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』209号に掲載された記事のnote版です。

難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。