慶應義塾女子高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「一念の一年」|2022受験体験記
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

慶應義塾女子高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「一念の一年」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

M.Mさん(慶應義塾女子高校 進学)保護者さまより

SAPIXの扉を叩いたのは中3の春。それまで他の習い事に取り組んでおり、一区切りつけてのことでした。もちろん中1から通塾しているお子さんたちに比べると相当な遅れがあるとは思っていました。が、大切なのは子どもの意思と夢に寄り添うこと!と、親としての自分に言い聞かせて日々向き合いました。ただ、1年間ではサピックスオープンや模試などでなかなか思うような点数を取ることは少なく、子どもの気持ちをどうサポートしようかと悩んだことも多かったのが現状です。

結果としては第一志望の高校に合格! 子どもの頑張りとSAPIXの存在があってのことだったと思います。感謝の気持ちを込めて、体験談として思ったことを書かせていただきます。

第一志望校を慶應女子高と決めてから塾を選びました。いくつか塾を回りましたが、SAPIXのテキストは星の数でレベルが分かれており、「自分の意思でいろいろなランクの問題に挑戦することができるのがいい」という娘の一言と、面談などで「無理だ」と決めつけることなく常に前向きに接してくれた姿勢が頼もしく入室を決めました。また5科にするか3科にするかも悩みましたが、これに対して「理科の知識も重要」とのアドバイスを受けて5科に決めました。ただ受験日が近づくにつれて娘は「英語や数学に時間を割きたいのに理科と社会に時間を取られる」と最後まで悩んでいましたが、バランスよく5科の知識を伸ばせたことが併願校などを決める上でメリットになったと思います。

勉強内容はSAPIXのテキストをやり込んでいました。ただ部活動も忙しく時間のやりくりに苦戦していました。親としてやってあげられたことは、働いていることもあり晩ご飯を作ってあげることくらいでしたが、一人でちゃんと時間管理から勉強のスケジュール管理までしていた姿が頼もしかったです。また、コロナ禍でオンライン授業にするか、通塾にするか悩んだ時期もありましたが、娘の意向で通塾を選びました。対面で質問できたことが良かったのだと思います。

たった1年間でしたが慶應女子高に行きたいという娘の強い思いを後押しして支えてくださり、本当にありがとうございました。娘には高校、大学、社会人へと夢を持って歩んでいく未来に熱いエールを送って、これからも温かく見守っていきたいと思います。

M.Mさんより保護者さまへのメッセージ
「前向きに応援し続けてくれてありがとうございました。これからも頑張ります!」

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。