高校受験 SAPIX中学部
難関高校紹介 【近畿地方編①】
見出し画像

難関高校紹介 【近畿地方編①】

高校受験 SAPIX中学部

「志望校を探そう」と思ったとき、家からのアクセスや特徴的な部活・行事をはじめ、附属校か進学校かなど、検討すべきポイントはたくさんあります。ここではさまざまな角度から難関高校をご紹介します。今回は、近畿地方にある「灘高等学校」「四天王寺高等学校」についてまとめました。ぜひ、学校情報収集のきっかけにしてください。

※本記事は2021年11月30日現在の情報を基に作成しています。

灘高等学校 【兵庫県神戸市】

分類  :私立/男子校
所在地 :〒658-0082 兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8丁目5番1号
     地図はこちら
アクセス:・JR 住吉駅 または 阪神 魚崎駅から徒歩10分
     ・阪急 岡本駅から徒歩25分
TEL :078-411-7234
URL :http://www.nada.ac.jp/

<教育方針>

⒈ 「精力善用」「自他共栄」の精神に徹した健全な社会人を育て上げる。
⒉  自主性を養い強固な信念を育てる。
⒊  質実剛健をモットーとし勤労をよろこぶ習慣を養う。
⒋  運動を奨励し強靭な体力と明朗闊達なスポーツマンシップを育成する。
⒌  豊かな趣味を養い高尚優雅な品性を育成する。

引用:http://www.nada.ac.jp/enkaku.html?id=kyouiku

<求める生徒像>

緑に囲まれた新校舎で、同級生との友情や先輩後輩の絆を育みながら、自分の個性をのびのびと伸ばしたい、と思っている生徒

<学校概要・特徴>

1928年、灘五郷の酒造家両嘉納家および山邑家の篤志を受けて旧制灘中学校として創立された学校です。創立にあたり、東京高等師範学校および同附属中学校(後の筑波大学および同附属中学校・高等学校)の校長や、大日本体育協会(後の日本スポーツ協会)の会長を務めるなどした嘉納治五郎が顧問として招かれました。
創立以来、自主性を重んじる自由で伸び伸びとした校風である一方、自由な分、自ら求めていく自主性と、自分の行動に責任を持つ自律性が必要です。そんな校風を象徴するかのように、生徒主導の活動が近年ますます活発になっています。文化・体育各部の総数は40に迫り、参加している生徒は8割超。そのうち、例えば囲碁部は全国大会五連覇という、輝かしい結果を残しています。また、YouTubeの「灘校オンライン文化祭」チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCLC_wHGsAxEGR8BSHcPK1SQ)では校内探訪動画などを配信中です。

四天王寺高等学校【大阪府大阪市】

分類  :私立/女子校
所在地 :〒543-0051 大阪市天王寺区四天王寺1丁目11番73号
     地図はこちら
アクセス:・JR 天王寺駅から徒歩10分
     ・地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅4番出口から徒歩5分
TEL :06-6772-6201
URL :https://www.shitennoji.ed.jp/stnnj/

<教育方針>

「知性・感性・和の心」が育まれる調和のとれた教育を実践。特定の教科、科目に偏ることなく全教科を同じように大切にし、バランスのとれた学習で人間的な幅を広げます。
女性が持つ特性を伸長させ、さまざまなことに取り組むことによって得た自信が、自分を見失わず信念を持って社会に貢献できる、グローバル社会をリードする女性に必要なしなやかな強さを身に付けさせます。

<コース編成(※~2021年度)>

◆理数コース
理系の最難関国公立大学や医・歯・薬系各学部を目指すコース。高校1年から理系を重視したカリキュラムで学び、志望大学に合格できる学力を養成します。
なお、文系に進路変更する場合は、高校2年進級時に英数コースに変更できる機会があります。

◆英数コース
文系の最難関および理系の難関国公立大学や難関私立大学を目指すコース。高校2年進級時に文系・理系のクラスに分かれ、それぞれの進路の目的に応じたカリキュラムが設定されます。
なお、理系志望の場合は、高校2年進級時に条件を満たせば、理数コースへの変更ができます。

◆スポーツ・芸術コース
世界を見据え、アスリートやアーティストとしての道を究めようとする生徒を対象としたコース。一人一人の資質・能力を最大限に発揮できるよう、教育上の配慮がされます。


※2022年度から新コース制度が始まります。新コースの概要等は以下のとおりです。

◆文理選抜コース
従来の理数コースを文系・理系に拡充し、最難関大学進学を目指すコース
◆文理コース
従来の英数コースより数学を強化し、基礎から着実に実力を育むカリキュラムを編成
◆文化・スポーツコース
従来のスポーツ・芸術コースより、附属中学校の文化・スポーツコースとの連携を強化

<特徴的な取り組み>

◆少人数での「選択授業」
大学受験に向け、さまざまな科目を選択して履修できます。多様化するニーズに対応するため、授業は少人数で実施。生徒一人一人の大学受験をフォローする体制が整っています。

◆生徒モバイルPCによる最先端のICT教育
生徒はモバイルPCを所持し、それを活用した授業が行われます。無線接続可能なWi-Fi環境や電子黒板機能付プロジェクターが全教室に整備。また、さまざまな教育支援ソフトを導入するなど、最先端のICT教育を実践しています。


【ワンポイントアドバイス】志望校が見つかったあなたへ

行きたい学校が見つかったら、まずは模試などを受験し、今現在の自分の学力や、ライバルと比較してどれくらいの位置にいるのかなどの現状を把握することが重要です。その上で、その志望校に合格するためには何が必要か、またどういった力が不足しているのかを分析し、学校の先生や塾の講師に今後の学習指針について相談してみると良いでしょう。
受験した公開模試の活用方法をご紹介する「公開模試受験後の手引き」、受験生の悩みにSAPIXの講師が答える「受験生お悩み相談室」を公開しています。ぜひ、併せて参考にしてください。




SAPIX中学部 西宮北口校では、2022年3月期より、対面形式とオンライン形式のどちらでも受講できるハイブリッド授業を実施します。交通や時間の制約により、校舎への通塾が難しい方は、パソコンやタブレットを使用して授業を受講いただけます。ICTを活用することで、オンラインでも「双方向授業」を実現しており、講師によるサポート体制も万全です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。