【東京都立日比谷高校 合格者インタビュー】成績が急降下しても最後まで志望校を諦めない。SAPIXの環境が初志貫徹を後押ししてくれた
見出し画像

【東京都立日比谷高校 合格者インタビュー】成績が急降下しても最後まで志望校を諦めない。SAPIXの環境が初志貫徹を後押ししてくれた

高校受験 SAPIX中学部

「合格者インタビュー」では、難関校に合格したSAPIX中学部卒業生が何をどう学び、どのような道のりを経て合格へたどり着いたのかを語ります。聞き手は卒業生を身近で見守ってきたSAPIX中学部の講師。今回のインタビューに登場いただいたのは、SAPIX中学部高田馬場校から東京都立日比谷高校に合格したSさんです(聞き手:SAPIX中学部高田馬場校 室長 藤原)。

※Zoomを使用して2022年4月8日に取材を行いました。
※この記事は2022年6月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』213号に掲載された記事のnote版です。

教室の和やかな雰囲気がとても勉強しやすかった

藤原 都立日比谷高校合格、おめでとうございます。SさんのSAPIX入室は、新中1の3月でしたね。どうしてSAPIXを選んだのですか。
Sさん 高田馬場校が中学校への通学路の途中にあって通いやすい上、母の友人のお子さんがSAPIX中学部の卒業生で、「とても勉強しやすかった」と言っていたのも参考になりました。実は、他塾の授業も体験したのですが、そこは教室の全員がライバルみたいな感じで空気が殺気立っていて、自分に合わないと感じました。その点、SAPIXは雰囲気が和やかで、とても居心地が良かったです。
藤原 SAPIXで学んで、驚いたことはありますか。
Sさん 私は中1から5科目を選択しましたが、どの先生も板書のまとめ方が美しくて、それをそのままノートに写すと、参考書のように見やすくできあがりました。これには驚き、感動しました。
藤原 Sさんは数学が苦手でしたね。その意識が芽生えたのはいつごろですか。
Sさん 中2の頃でした。中1までは、数学ができないという意識はなかったのですが、いつの間にかマンスリーテストで点数を取れなくなっていて……。
でも、中3から藤原先生に数学を教わるようになったことで、私に転機が訪れました。先生の授業は面白くて分かりやすく、質問にも丁寧に答えてくださるので、私でも解ける問題が少しずつ増えていきました。
藤原 初見の問題ですぐに解法を思い付く〝反応力〟が高い生徒がいる一方、Sさんは、一度解いたことのある問題を手堅く得点していくタイプ。数学が最も伸びたのは中3の夏ごろでしたね。8月のクラス分けテストの偏差値が64で、ものすごく喜んでいたことを思い出します。
Sさん その後、数学の課題を雑に解いて提出したら、藤原先生に叱られました。
藤原 次の課題提出の時、「前回は雑に解いてしまってすみません」という謝罪文が付いていましたね(笑)。そんな生徒は珍しいので、強く印象に残っています。

入試直前の模試で成績が急降下。それでも日比谷高を目指す

藤原 Sさんが日比谷高を志望校に決めたのは、いつごろですか。
Sさん 中1の秋です。SAPIXに入室した時に目指していた豊島岡女子高が募集を停止したので、新たな志望校を決めるために最初に説明会に行ったのが日比谷高でした。大学受験のことを考え、進学校を希望していましたが、日比谷高は東大など難関大学への進学実績がすごいのに、学校の雰囲気は明るくキラキラ輝いていて、生徒の皆さんもとても楽しそうでした。私もこの環境に身を置きたい!と強く思い、それからは日比谷高以外考えられなくなりました。
藤原 その時から日比谷高を目指したのですね。受験生活は順調でしたか。
Sさん いいえ。苦手だった数学は中3で伸びましたが、その後なぜか全科目で成績が急降下。特に、入試直前の1月に受けた都立日比谷・西高入試プレの結果は悲惨なもので、他塾の模試でも日比谷高は合格に程遠い判定。親からは「志望校を変えた方がいい」と言われ、目の前が真っ暗になりました。あの時、藤原先生にも相談しましたね。
藤原 志望校を変えた方がいいかと相談されました。でも、例えば他の都立進学指導重点校に志望を変えても、それで合格可能性が一気に上がるわけではないし、Sさんのモチベーションを考えれば、他校に変更しても良いことはないと答えました。
Sさん 先生のその一言で吹っ切れました。私はやはり、どうしても日比谷高に行きたかったし、その気持ちを捨てたくなかった。だから最後は、自分の気持ちに正直に行動しようと思いました。
藤原 入試前日は緊張したでしょうね。
Sさん 心臓バクバクでした。それで、すがる思いで校舎に電話をかけ、SAPIXの担任の先生に相談しました。すると、普段威厳に満ちている先生が、「あなたは私立難関校にも合格しているし、いつも通りにやれば日比谷高も絶対に受かります。私は全然心配していませんよ」と、優しく言ってくれて……。うれしくて、思わず泣いてしまいました。そこから気分的にも落ち着き、自信を持って入試に臨むことができました。
藤原 試験当日に持って行って良かったものは何ですか。
Sさん 中1から愛用しているシャープペンシル、母にもらった「合格飴」、お守り、兄がテストの心構えを書いてくれた手紙です。
藤原 試験当日の注意点はありますか。
Sさん 来年もコロナ対策で休み時間に窓が開放されるかもしれません。防寒対策は必須と考え、私は使い捨てカイロとタイツで対策しました。科目間の休み時間はトイレがとても混むので、1科目目の国語が始まる前に行っておいた方が良いです。また、今年は電車が遅れた影響で試験が1時間繰り下げになりました。試験当日は何が起こるか分からないので、試験会場には早めの到着を目指すこと。その際、待ち時間がもったいないので、SAPIXのテキストやまとめノートを持っていきましょう。試験会場で意外な知り合いに会う可能性もあるので、その心構えをしておくことも大切です(笑)。

中学校の勉強もおろそかにせず家族で合格を勝ち取る

藤原 3年間の努力が実り、第一志望の日比谷高に見事合格しました。これから日比谷高を目指す人に、学習上のアドバイスはありますか。
Sさん まず学校の勉強をしっかりやること。都立高入試では内申点が重要になりますが、日比谷高を受験する人の中には一般入試でもオール5の人がたくさんいるので、彼らと同じ土俵に立つためにも、学校の定期試験には全力で臨むべき。可能なら、課外活動にも積極的に取り組みましょう。
入試対策では、記述力をしっかり身に付けること。特に英作文の出題が多いので、SAPIXの先生に添削してもらうなど、中1、中2の頃から対策を。国語も250字程度の作文があります。
数学は、大問1の小問集合など、取れる点を確実に取ることが大切です。
藤原 そうですね。数学が苦手な人は入試で受検者平均点を目指して頑張りましょう。難問は解けなくてよいので、計算ミスをしないように。『MAIN SAPIX』の☆3レベルの問題で、解法がすぐに思い浮かぶまで勉強すれば、十分に合格圏内に入ります。
Sさん 理社は都立高共通問題なので、『一問一答』などで基礎をしっかり固め、直前まで繰り返し見直しましょう。
藤原 お勧めの勉強法はありますか。
Sさん 私はポモドーロ・テクニック$${^※}$$を利用し、めりはりを付けた勉強を心掛けました。1時間集中して勉強したら、20分くらいYouTubeを見たり、愛犬と遊んだりして気持ちをリセットすると、再び勉強に集中できました。科目別では、得意科目の英語を伸ばして武器にするとともに、苦手な数学は基礎をしっかり身に付けました。そして、分からない問題はSAPIXの先生に積極的に質問することです。
藤原 高校受験を通して、Sさん自身はどう変わりましたか。
Sさん 「諦めないこと」の大切さを学びました。志望校変更も考えましたが、SAPIXの先生方のアドバイスもあり、初志貫徹できました。あの時に諦めていたら、今のような喜びに包まれることはなかったと思います。
藤原 どんな高校生活を送りたいですか。
Sさん 大学受験に向けて勉強を頑張りますが、日比谷高は決して勉強だけの高校ではないので、部活動や学校行事も楽しみたいです。中学時代は演劇部だったので、全クラスが教室劇を上演する星陵祭(文化祭)が、今から楽しみです。
藤原 この記事を読んでいる後輩たちにメッセージをお願いします。
Sさん SAPIXの先生をたくさん頼ってください。先生方はいつもあなたのことを気に掛けています。自分で抱え込まず、何でも相談しましょう。受験生活は紆余曲折ありますが、何事も人生の財産になるし、苦しんだこともあなたの経験になります。SAPIXは最高の環境なので、未来への一歩として、勉強を頑張ってください。心から応援しています。
藤原 最後に、受験生活を支えてくれた家族の人たちに一言どうぞ。
Sさん SAPIXへの送迎や毎日のおいしい食事で支えてくれた母、多くのアドバイスをくれた兄たち、たくさんの調べ物をしてくれた父に感謝します。日比谷高合格は家族の勝利です。ありがとうございました。

※ポモドーロ・テクニック……タイマーを使い、作業と休憩を交互に繰り返す時間管理術。

Sさんから後輩の受験生へ
第一志望校への合格を、最後まで諦めないでください。成績が落ちてしまったりすると不安にもなりますが、憧れの志望校に自分も入るんだ!という強い気持ちを常に持って、勉強に励んでください。自分の気持ちに正直になれば、おのずとやる気も湧いてきて、きっとそれが合格につながります。不安なときは、SAPIXの先生にも頼りましょう。頑張ってください。応援しています。

Sさんから藤原へ
1年間ありがとうございました。先生の授業はとても分かりやすく、そして面白くて、楽しく勉強できました。最後まで数学を得意科目にはできなかったのですが、これからも先生の教えを守り、勉強を頑張ります。

藤原からSさんへ
合格、本当におめでとうございます。紆余曲折を経た入試でしたが、「どうしても日比谷高に進学したい」という強い思いが実を結びましたね。勉強、部活動、行事と充実した高校生活で青春を過ごしてください! 今後も希望する進路・将来に向けて、強い気持ちで大きく成長してくれることを期待しています。


◇受験情報誌『スクエア』無料進呈中
資料請求された方に、受験情報誌『スクエア』最新号を無料進呈中。SAPIX中学部講師による学習アドバイスや、最新の高校入試情報、SAPIX中学部卒業生へのインタビューなど、受験勉強のヒントになる記事が満載です。SAPIX中学部ホームページよりお気軽にご請求ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。