高校受験 SAPIX中学部
【もっと知りたいSDGs】第5回 「産業・技術革新」「不平等」の問題
見出し画像

【もっと知りたいSDGs】第5回 「産業・技術革新」「不平等」の問題

高校受験 SAPIX中学部

持続可能でより良い世界を目指すために、2015年9月の国連総会で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals)。そこには、2030年までに達成すべき17の大きな目標が掲げられています。「もっと知りたいSDGs」では、複数回にわたってそれぞれの目標を詳しく紹介していきます。

▽「もっと知りたいSDGs」のバックナンバーはこちら

今回は「産業・技術革新」と「不平等」の問題を取り上げます。この目標の克服が課題とされる背景には何があるのでしょうか。世界の実情を概観して、その解決策を考えてみます。

目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」

途上国ではインフラ整備が課題

SDGsでは目標9として「産業と技術革新の基盤をつくろう」を掲げています。地球上の人々が貧困や不平等を乗り越えて、豊かに暮らせる世界をつくるためには、新しい技術を生み出し、さまざまな産業を発展させていくことが必要です。そこで重要になるのが、産業の基盤となる「インフラ」(Infrastructure)の整備です。道路や鉄道、水道、電気、インターネットといったインフラが、私たちの生活や産業をあらゆる面から支えているのです。

しかし、途上国ではインフラが十分に整備されていない国や地域がたくさんあります。そうした国々では電気や水道、道路はもちろん、今後の産業の発展に欠かせないインターネットの普及も遅れています。国際電気通信連合(ITU)の調査によると、先進国のインターネット普及率は約87.8%。これに対して途上国では約57.8%と、大きな開きがあります(2020年)。普及が進んでいない国や地域では、通信基盤が整っていないことに加え、技術とコスト面の双方に問題があるといわれています。

もし、こうした通信インフラの整備と技術革新を怠れば、人々の健康をケアする医療施設をはじめ、教育機関などへのアクセスが限られてしまうなど、貧困や不平等といった問題がますます広がっていきます。

新たな技術でより良い未来を目指す

目標9の課題を克服するには、政府やNGO、民間、公共セクターなどさまざまな機関が手を携え、途上国のインフラを整備していく必要があります。その上で、例えばインターネットなどの技術を活用することが大切です。インターネットは遠隔地同士のやりとりや、学習面における知識の習得などでイノベーションを起こしています。

今後はAI(人工知能)の発達により、生活のあらゆるものが自動化され、より便利な世界になることが期待されています。私たちも身の回りにある新しい技術を調べて、それをどう生かしたら世界が豊かになるのか、考えてみるといいかもしれません。

目標10「人や国の不平等をなくそう」

広がる貧富の格差

世界には、国や地域、人種、民族、宗教、性別などの違いによって生じる、さまざまな不平等があります。SDGsでは「人や国の不平等をなくす」ことを目標にしていますが、それは不平等が社会と経済の長期的な発展を阻害し、貧困や飢え、争い事などを引き起こす要因になるからです。

不平等の問題の一つに、貧富の格差があります。国際NGO団体オックスファム・インターナショナルでは、世界のビリオネア(10億ドル以上の資産保有者)の数が過去10年間で倍増し、最富裕層の約2000人は最貧困層の約46億人(世界人口の60%超)よりも多くの資産を保有していると発表しています(2020年)。ほんのひと握りの富裕層に世界の富が集中することで、富める人はますます富み、貧しい人はより貧しくなるという貧富の格差が広がっているのです。

しかも、貧富の格差はさらなる不平等を生み出します。このまま貧富の格差が進めば、満足に教育や医療を受けられない人が増えるなど、より不平等な社会へと移行してしまうでしょう。

違いを理解して社会的弱者を支援

人や国の不平等の問題を克服するためには、先進国だけではなく、途上国も課題に関する意思決定に参加することが大切です。その上で社会的弱者の視点に立って、教育、医療、社会保障、ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)などを整備することが必要です。

グローバルな不平等は私たち一人一人にも確実に影響を及ぼします。国際化が進んだ現代の社会では、貧困、移住、経済危機といった諸問題が、ある国や地域に限定されて生じることはありません。

では、私たち一人一人には何ができるのでしょうか。世界中の人間には、国籍や肌の色、言葉、慣習、宗教、人種、生活習慣など違いがたくさんあります。まずは、お互いの違いを認め、相手を理解し、尊重する意識を持つことが大切です。


◇受験情報誌『スクエア』無料進呈中資料請求された方に、受験情報誌『スクエア』最新号を無料進呈中。SAPIX中学部講師による学習アドバイスや、最新の高校入試情報、SAPIX中学部卒業生へのインタビューなど、受験勉強のヒントになる記事が満載です。SAPIX中学部ホームページよりお気軽にご請求ください。

※この記事は2022年6月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』213号に掲載された記事のnote版です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。