難関高校紹介 【近畿地方編②】
見出し画像

難関高校紹介 【近畿地方編②】

高校受験 SAPIX中学部

「志望校を探そう」と思ったとき、家からのアクセスや特徴的な部活・行事をはじめ、附属校か進学校かなど、検討すべきポイントはたくさんあります。ここではさまざまな角度から難関高校をご紹介します。今回は、近畿地方編の第2回として「西大和学園高等学校」「洛南高等学校」についてまとめました。ぜひ、学校情報収集のきっかけにしてください。

※本記事は2021年12月10日現在の情報を基に作成しています。

西大和学園高等学校【奈良県河合町】

分類  :私立/共学校
所在地 :〒636-0082 奈良県河合町薬井295
     地図はこちら
アクセス:・JR大和路線・近鉄生駒線 王寺駅、近鉄田原本線 新王寺駅から
      徒歩18分 または バス約5分 
     ・近鉄田原本線 大輪田駅から徒歩8分
     ・近鉄大阪線 五位堂駅からバス約20分
TEL :0745-73-6565
URL :https://www.nishiyamato.ed.jp/

<校訓>

・探究…探究心に満ち知識や情操を養う
・誠実
…誠実に徹し、高邁な品性を培う
・気迫
…気迫にみなぎる強い意志を育む

引用:https://www.nishiyamato.ed.jp/introduction/meaning.html

<学びの特徴>

◆SSH(スーパーサイエンスハイスクール)
高校1年で「SS講義」「SS科学」「SSディベート」などの講座を受け、自ら研究したいテーマを設定し、実験や検証方法の考察を行う企業研究コースに分かれます。高校2年ではNAIST(奈良先端科学技術大学院大学)、京都大学でのラボステイ(研究室体験)において高度な講義や実験を含む実習に参加します。高校3年では本格的に研究を開始したり、既に企業で活躍している卒業生による進路ナビゲーションである「サイエンスナビ」などを実施します。

◆AIP(アクションイノベーションプログラム)
世界を舞台に活躍するグローバルビジネスリーダー育成を目的として2019年度からスタート。SGH(スーパーグローバルハイスクール)として培ったノウハウを進化させたプログラムです。アジア各地への海外探究プログラムや「模擬国連」などを通して国際人としての素養を備え、各業界のトップランナーを招いて行う「AIセミナー」などでリーダーとして資質を磨きます。

◆青雲寮
1992年に設置されて以来、多くの優秀な卒業生を輩出してきた学生寮(男子対象)です。生活にはタイムスケジュールが決められていて、学習時間は毎日3時間。自習室に設置された自分専用の机で集中して学習に取り組めます。また、寮生間の親睦を深め、楽しく生活できるようにさまざまな寮独自の行事を実施。寮生活を通して、生徒は自主自律の精神を養うとともに、他者との協調を学び、安定した生活習慣を確立します。


洛南高等学校【京都府京都市】

分類  :私立/共学校
所在地 :〒601-8478 京都府京都市南区壬生通八条下ル東寺町559番地
     地図はこちら
アクセス:・京都駅 八条口から徒歩13分
     ・近鉄 東寺駅から徒歩10分
     ・四条大宮駅からバス10分+徒歩3分
TEL :075-681-6511
URL :https://www.rakunan-h.ed.jp/

<教育方針>

3つの柱で、自らを伸ばしていく教育。
賢く、熱く、おおらかに
生きる力のある「人」を育みます。
…仏教の教えを日々に生かす
…「自ら学ぶ」習慣を身につける
…身をもって、団結や公正さを学ぶ

引用:https://www.rakunan-h.ed.jp/gakuen/teaching/high-teaching/high-aisatsu/

<コース編成>

◆空パラダイム
最難関大学・学部へチャレンジするコース。高校1・2年の学習進度を早めて、高校3年で大学受験に向けた演習時間を十分に確保できるようにします。また、中学からの内部進学生との合同授業も行われます。

◆海パラダイム
志望と適性に応じたチャレンジをするコース。このコースは、標準の教科内容からさらに深く学び難関国公立大学を目指す「αプログラム」と、課外活動を通じて自己実現を目指しつつ有名私立大学を目指す「βプログラム」の二つのプログラムに分かれます。「αプログラム」と「βプログラム」の生徒は同じ教室で学ぶので、さまざまな価値観に触れることになり、視野が広がります。

<特徴的な行事>

◆高野山学習合宿
高校2年で実施。1週間にわたって、1日10時間以上学習する合宿です。より一層の学力向上はもちろん、寝食を共にする仲間に刺激を受け、自ら学ぶ姿勢が身に付きます。

◆体育祭・文化祭
体育祭では応援団が結成され、高校3年生の指導の下、約2週間かけて準備が進められます。また、体育祭の準備と並行して、その1カ月後に実施される文化祭の準備も進められます。これらは全て生徒主導で行われ、生徒の成長につながります。


【ワンポイントアドバイス】志望校が見つかったあなたへ

行きたい学校が見つかったら、まずは模試などを受験し、今現在の自分の学力や、ライバルと比較してどれくらいの位置にいるのかなどの現状を把握することが重要です。その上で、その志望校に合格するためには何が必要か、またどういった力が不足しているのかを分析し、学校の先生や塾の講師に今後の学習指針について相談してみると良いでしょう。
受験した公開模試の活用方法をご紹介する「公開模試受験後の手引き」、受験生の悩みにSAPIXの講師が答える「受験生お悩み相談室」を公開しています。ぜひ、併せて参考にしてください。




SAPIX中学部 西宮北口校では、2022年3月期より、対面形式とオンライン形式のどちらでも受講できるハイブリッド授業を実施します。交通や時間の制約により、校舎への通塾が難しい方は、パソコンやタブレットを使用して授業を受講いただけます。ICTを活用することで、オンラインでも「双方向授業」を実現しており、講師によるサポート体制も万全です。

高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。