【慶應女子高校 合格者インタビュー】早い段階の志望校決定で受験勉強に全力投球!勉強においては努力すれば必ず結果は付いてくる
見出し画像

【慶應女子高校 合格者インタビュー】早い段階の志望校決定で受験勉強に全力投球!勉強においては努力すれば必ず結果は付いてくる

高校受験 SAPIX中学部

「合格者インタビュー」では、難関校に合格したSAPIX中学部卒業生が何をどう学び、どのような道のりを経て合格へたどり着いたのかを語ります。聞き手は卒業生を身近で見守ってきたSAPIX中学部の講師。今回のインタビューに登場いただいたのは、SAPIX中学部渋谷校から慶應女子高校に合格したTさんです(聞き手:SAPIX中学部渋谷校 室長 渡邊)。

※Zoomを使用して2022年2月25日に取材を行いました。
※この記事は2022年3月27日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』212号に掲載された記事のnote版です。

課題は必ず期限内に提出し、苦手な数学の偏差値を15上げる

渡邊:慶應女子高合格、おめでとうございます。TさんはSAPIX入室前から、慶應女子高が第一志望校でしたね。志望するきっかけは何だったのですか。
Tさん:私は小4から約3年間、インドに滞在していて、日本に帰国したのは中1の9月でした。それからすぐに高校受験の準備を始め、いくつかの学校説明会に参加しましたが、「私にはここしかない!」と思えたのが慶應女子高でした。校内や在校生の皆さんの雰囲気が自分と合っていると感じたし、生徒会長の「女子高は一人一人の個性を大事にする」というお話にも感銘を受けました。母も「あなたにはこの学校が合っている気がする」と言ってくれました。その後、インドの日本人学校で憧れていた先輩が慶應女子高に入学したのをSNSで知り、ますます思いを強くしました。
渡邊:SAPIXに入室したのは、新中2の3月でしたね。なぜ、SAPIXを選んだのですか。
Tさん:慶應女子高を狙える塾をいくつか検討していて、当時、週の授業回数が一番少なかったのがSAPIXだったからです。私はクラシックバレエにも力を入れているので、通塾に多くの時間を割けませんでしたから。
渡邊:実際にSAPIXに入室してみて、どのような印象を持ちましたか。
Tさん:数学の進み方がとても速くて、数学が苦手な私には最初は追い付くのが大変でした。でも、クラスメートと先生に恵まれたおかげで、3科目とも笑いの絶えない授業で、とても楽しかったです。
渡邊:特に印象に残っている授業はありますか。
Tさん:開成高の過去の入試問題を取り上げた国語の授業ですね。高校受験としては珍しい内容の小説文から出題されていたのですが、クラスの男子たちから思ってもみなかった奇想天外な解答や考え方が出てきて、みんなで大爆笑しました。授業であんなに笑ったのは初めてです。
渡邊:先ほど数学が苦手だったという話が出ましたが、Tさんは、中2の時に50前後だった数学の偏差値が、中3になって65くらいまで急上昇しました。成績アップの要因は何だと思いますか。
Tさん:数学には本当に苦戦しました。特に図形問題が苦手だったので、中2の頃はテキストをフル活用して、必死に取り組みました。
SAPIXに通ったなかで自慢できることは、2年間全ての課題を期限内に提出したことです。特に数学には時間をかけました。解き方が分からなかった問題は、一晩寝て頭をリセットして再挑戦してみる。すると、前日には気付かなかったポイントが見えてきて、自力で解けることも多かったです。それでも分からないときは、先生に質問するなど、地道に積み重ねた努力が、中3になって少しずつ実を結んだのだと思います。

短期の目標を立て、達成したら自分にごほうび

 渡邊:Tさんの通っていた中学校は、公立ですが課題の多い学校でしたね。SAPIXと学校を両立させるのは、なかなかハードだったのではありませんか。
Tさん:中学の定期試験の時期が大変でした。学校でSAPIXの課題をやり、自宅で中間・期末試験の勉強をやる感じでした。
渡邊:受験勉強にくじけそうになったりしませんでしたか。
Tさん:「勉強をここまでやったら好きなアイドルの動画を1本見よう」とか、「SAPIXの課題をここまでやったら漫画の新刊を1冊読もう」とか、自分なりに息抜き方法を見つけていました。これは父に教えてもらった方法で、ある日、分厚い電話帳$${^※}$$ を前に、私がやる気を失ってぼうぜんとしていると、「◎◎ページまで進んだら、好きな漫画の新刊を1冊買ってあげるよ」と、父が声を掛けてくれたのです。それですごくやる気が出たので、それからは「自分で短期の目標を立て、目標を達成したら自分にごほうびをあげる」という勉強法を取り入れることにしました。
渡邊 慶應女子高の入試前日と当日は緊張しましたか。
Tさん それが思ったほど緊張しなかったのです。私はもともと自己肯定感が高い方だと自覚しているし、私より母の方が緊張していて、それを見て逆に冷静になれたのかもしれません。試験当日は、他の受験生に圧倒されないように、背筋をピシッと伸ばして賢く見られるように振る舞いました。
試験会場では、SAPIXのSS特訓で仲良くなった子が何人も同じ教室にいたので、模試を受けているような感じでリラックスできました。
渡邊:試験当日、「持っていって良かったもの」は何ですか。
Tさん:休み時間が25分もあるので、知識確認のためのまとめノートを持っていきました。冷え性の私には防寒グッズも必需品でした。マフラー、手袋、コート、膝掛け、椅子の座面に敷く布、レッグウォーマー、靴下2枚重ね、貼るカイロなど。休み時間はコロナ対策の換気のために窓を全開にしていたので、教室によってはかなり寒かったようです。
渡邊:慶應女子高対策として、試験当日と同じ時間割で生活していたそうですね。
Tさん:はい。慶應女子高入試プレでは数学の試験中、おなかが減りすぎて問題が頭に入ってこず、ひどい成績でした。それに懲りて、本番1週間前から試験と同じ時間割で勉強するようにしました。8時40分から国語、10時5分から英語、11時30分から数学、12時35分から昼食、13時20分から作文。休み時間にはキャラメルやようかんなどこっそり口に入れられるもので栄養補給しました。本番にも持っていきましたよ。

※電話帳…問題集『全国高校入試問題正解』

試験当日に気を付けたい、いくつかの注意点

渡邊:来年以降、慶應女子高を受験する人にアドバイスはありますか。
Tさん:試験当日はトイレがすごく混雑するので、一つの試験が終わったらすぐにトイレに行くこと。遅れると長蛇の列に並ばなければならず、それだけで休み時間が終わってしまいます。また、解答用紙が予想以上に大きいので注意しましょう。特に数学の解答用紙は机からはみ出るほど大きいので、配られたらすぐに適当な大きさに折っておかないと、筆記用具を引っ掛けて落とす恐れがあり、時間ロスにつながりかねません。
渡邊:慶應女子高に合格するための勉強面でのアドバイスはありますか。
Tさん:3科目の基礎を完璧に固めることが何より重要です。その上で、国語では特徴的な文法問題が出されるので、テキストを繰り返し解くと良いでしょう。数学の解答用紙には解法欄があるので、正解にたどり着けなくても部分点をもらえるよう、最後まで粘って解法欄を埋めてください。英語の試験は文章量が多いので時間配分に気を付けること。英作文では取りこぼしなく確実に得点できるよう、添削指導を受けておきましょう。
渡邊:高校入試を経験して、自身はどのように変化したと思いますか。
Tさん:学力は確実にアップしたと思いますし、SAPIXの3時間授業を通して高い集中力が身に付いたと思います。何より自分の実力なら確実に合格すると思えるようになりました。私の好きな言葉に、「努力しても結果は付いてこない。付いてくるのはあくまでも自信である」というものがありますが、勉強に関していえば、努力すれば結果も必ず付いてきます。だから後輩の皆さんには、最後まで諦めずに志望校を目指して頑張ってほしいと思います。渡邊:受験生活を支えてくれたご両親に伝えたいことはありますか。
Tさん:合格発表後にも感謝の気持ちを伝えましたが、改めて、ありがとうございましたと言いたいです。両親の支えがなければ合格は勝ち取れませんでした。
渡邊:高校生活でやってみたいことはありますか。
Tさん:英検®には小6で2級を取って以来ご無沙汰しているので、高校では準1級を取りたいです。また、中学校のクラスメートにはトリリンガル、マルチリンガルも多いので、私も日本語と英語以外に、韓国語、中国語、フランス語などをマスターしたいですね。
渡邊:Tさんには生来の真面目さや頭の良さに加え、負けん気の強さという武器があります。だからこそ厳しい受験生活を乗り切れたし、素晴らしいクラスメートたちと互いに高め合うことができたのでしょう。慶應女子高での一層の飛躍を期待しています。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

Tさんから後輩の受験生へ
勉強に関していうと、「努力すれば結果は必ず付いてくる」は本当のことです。そして、積み重ねてきた努力は自分の自信にもつながります。その自信は、高校からの生活にもきっと生きてくるはず。適度な息抜きも取り入れながら、第一志望校への合格を目指して、最後まで諦めずに頑張ってください。応援しています。

Tさんから渡邊へ
個性的なクラスメートたちをまとめ、楽しい授業をしてくださったり、受験の相談にも親身に乗ってくださったりした先生には感謝してもしきれません。2年間ありがとうございました。今度はみんなで遊びに行きます!

渡邊からTさんへ
慶應女子高への進学おめでとう! 入室以来、やるべきことをきちんとこなしてきたTさんだからこそ勝ち取れた合格だと思います。個性あふれるクラスメートたちと共に学んだ経験は、これから始まる高校生活でも必ず支えとなるはずです。心の強さと聡明さを兼ね備えたTさんの将来の活躍を楽しみにしています!

◇受験情報誌『スクエア』無料進呈中
資料請求された方に、受験情報誌『スクエア』最新号を無料進呈中。SAPIX中学部講師による学習アドバイスや、最新の高校入試情報、SAPIX中学部卒業生へのインタビューなど、受験勉強のヒントになる記事が満載です。SAPIX中学部ホームページよりお気軽にご請求ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。