【小・中学生英語】イラストで覚えるイディオム "keep an ear to the ground"
見出し画像

【小・中学生英語】イラストで覚えるイディオム "keep an ear to the ground"

高校受験 SAPIX中学部

――イディオム【idiom】とは、英語における慣用句や熟語のこと。

「単語自体は難しくないけれど、知っていないと意味が分からない」。ここではそんなイディオムをイラスト付きで解説します。

日本語にはない「たとえ」や独特な表現も、イラストならイメージしやすく、記憶に残るはず。高校受験を目指す小学生、中学生のための、英語学習に役立つコーナーです。

keep an ear to the ground…世の中の動き(世論)に注意する

<例文>
Good journalists always keep an ear to the ground.

【訳】
良い新聞記者は常に世論の動向に注意している。

耳(an ear / one's ear(s))を地面(the ground)につけて耳を澄ますと、離れた場所の物音も伝わってきそう。じっと状況をうかがう様子から、世の中の動きや世論に注意するという意味で使われます。

“ear(耳)”に関連したイディオムを他にもご紹介

  • be all ears…熱心に聴く → 全部、耳。 全身全霊を注いで聴く!
    例:Tell me more about the handsome man. I’m all ears!
     「そのハンサムな男性についてもっと教えて。興味津々だわ!」

  • grin from ear to ear…にんまり笑う、満面の笑みを浮かべる → 耳から耳まで(from ear to ear)口を広げて、にんまり笑う(grin)。
    例:She was grinning from ear to ear with the trophy in her hands.
     「彼女はトロフィーを手に満面の笑みを浮かべていた」


SAPIX中学部 英語科講師によるコラム動画「Insight into English!」
SAPIX中学部 英語科ならではの考え方や着眼点がたっぷりと詰まったコラム動画を、YouTube公式チャンネルで公開中。英語の知識をより広く、深く使いこなすためのトピックを解説しています。以下からぜひ、ご視聴ください。

特別編集号『どう変わる?どう学ぶ?英語教育のこれから』無料進呈中
資料請求された方を対象に、最新の英語教育情報が満載の情報誌『どう変わる?どう学ぶ?英語教育のこれから』を無料進呈します。
本誌は、英語教育について今何が起きていて、これからどう変わっていくのかを知り、そしてその中で「英語をどう学ぶべきか」を考えるための一冊です。高校の先生方への取材に基づく、貴重な情報も盛りだくさんです。この機会にぜひ、SAPIX中学部ホームページよりご請求ください。

※この記事は2019年8月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』196号に掲載された記事のnote版です。

この記事が参加している募集

英語がすき

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。