早稲田実業学校高等部 進学 保護者からのメッセージ💬 「努力の先に待っていた栄光」|2022受験体験記
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

早稲田実業学校高等部 進学 保護者からのメッセージ💬 「努力の先に待っていた栄光」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

R.Iさん(早稲田実業学校高等部 進学)保護者さまより

クリックボタンを娘が押す。画面に現れた「合格おめでとうございます」の文字に家族が一斉に歓喜し、そして涙。娘の長きに渡る努力が報われた瞬間でした。

小6の3月期からSAPIXに入室し、中学校からは厳しいと評判の運動部に所属しながらSAPIXに通う日々でした。中2で部長になってからは授業に遅刻することが増え、集中して勉強に取り組めたのは部活引退後の中3の夏期講習からでした。幸いコロナ前から高校の学校説明会や文化祭に多く参加して各校の雰囲気はつかめていたのですが、志望校がなかなか決まらず、9月になって志望校を決定しました。そこから保護者面談で偏差値低下を指摘されて数学漬けの毎日を過ごし、回を追うごとにサピックスオープンの数学偏差値が上昇し、直前期には先生から「ここまでくれば十分戦えますよ」とうれしいコメントをいただけました。

そんな娘には転機が2回ありました。一つ目は中2の終わりに初めて基礎クラスになった時です。相当ショックだったようで自発的に苦手単元に取り組み、直後のテストで応用クラスになりました。その後も娘の点数がクラス分けのボーダーになるなどの幸運(?)もあり何とか応用クラスを維持し続けました。二つ目は毎日SAPIXで自習し始めた時です。親から言ってもなかなか行こうとしませんでしたが、中3の11月からSAPIXに毎日通い先生に何度も質問するようになり、ここから顔つきがぐっと変わりました。

直前期は完全にスマホ断ちして友人からのLINEに目もくれずに志望校の過去問に明け暮れ、自己採点に一喜一憂しながら本人も自信を深めていきました。

コロナ禍で迎えた受験シーズン。連日の試験となりましたが、どの日も「楽しんで」と笑顔で送り出しました。親は心配することしかできませんが、帰宅して「緊張せず落ち着いて受けられた」と話す娘を見て成長と頼もしさを感じました。そして、無事第一志望校に合格できました。

勉強はSAPIXの先生方にお任せでしたが、親にはできない指導を通じて娘の力を引き上げていただきました。精神面でも大きく成長する機会になったことは言うまでもありません。長い間本当にありがとうございました。

R.Iさんより保護者さまへのメッセージ
「SAPIXの送迎やお弁当など、たくさんのサポートのおかげで乗り切ることができました。本当にありがとうございました!」

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。