中央大学杉並高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「先生方への感謝」|2022受験体験記
見出し画像

中央大学杉並高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「先生方への感謝」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

Y.Nさん(中央大学杉並高校 進学)保護者さまより

楽しい高校生活を夢見るものの、それはどの高校かは分からず、学力だけは付けておきたい。陸上競技部での県大会入賞を狙うために学校の練習だけでなく、外部練習会への参加も続けたい。欲張りな思いから通塾に踏み切れずにいましたが、友達の多くは塾に通い、家での問題集相手にする勉強にも不安があり、大会終了後に複数の塾で体験授業などを受けました。その中から娘が決めたのはSAPIXでした。

中2の11月期からの入室でしたが、初めての通塾で学校や部活とのペースがつかめるのか、授業進度の速さについていけるのかと親の心配はありました。

入室当初は、授業と復習のペースがつかめず、未習範囲に苦心し、また、部活の朝練もあってSAPIXのない日は、学校からの帰宅後はそのまま寝落ちすることも多々ありました。もっと早い時期に入室させるべきだったかと後悔しましたが、娘は徐々にペースをつかみだしました。しかし、学校説明会などが開催されないため、中3の春になっても志望校は決まらず、勉強に対するモチベーションが落ち、それとともに成績も落ちてきた頃の中3の6月にSAPIXフォーラムがありました。各学校の紹介を拝見する中で、「ここに行きたい!」と見つけて7月に学校見学へ行き、娘の志望校は決まりました。

夏休み前の面談では、担任の先生から今の学力では志望校には届かないので、さらに努力が必要であることや夏休み中の学習方法についての指導をいただきました。娘は部活動の大会を終えると人が変わったように勉強に専念した結果、夏休み後のサピックスオープンの成績が上がり、勉強したことが成績向上になることを実感し、さらにモチベーションは上がりました。SAPIXでの授業を楽しみ、自習にも行って先生に多くの質問をして、先生方の励ましやご指導により志望校合格を手にすることができました。

中2後半からの入室でも単元の繰り返し授業により、弱点の基礎を補強し、次の繰り返しでどこまで克服し、さらに補強部分がどこかの確認を繰り返しできたこと。それに、娘から聞く授業中の話や面談より、先生方が一人一人をよく見て、性格も把握した上でのプロの技によるご指導があるからこそ、親の出る幕はないほどに最後まで「先生方に相談しておいで」と安心してお任せすることができました。

もう少し通いたかったというほどに娘に合う環境を提供していただき、志望校までも見つけ後押ししていただいたSAPIXの先生方に出会うことができたことを感謝いたします。

Y.Nさんより保護者さまへのメッセージ
「私の勉強時間に合わせて、ごはんの献立と量と時間を合わせてくれてありがとうございます。」

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。