高校受験 SAPIX中学部
早稲田大学高等学院 進学 卒業生からのメッセージ💬 「自分を信じるということ」|2022受験体験記
見出し画像

早稲田大学高等学院 進学 卒業生からのメッセージ💬 「自分を信じるということ」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

T.Hさん
進学先:早稲田大学高等学院
併願合格校:慶應義塾高校、栄東高校、明治大学付属明治高校、立教新座高校

私は、中学1年生の春期講習の頃に、SAPIXに入室しました。SAPIXに入室した当初から、私は英語が非常に苦手で、SAPIXに行くのがとても嫌でした。私が英語に苦手意識を抱くようになった最大の原因は、単語力が身に付いていなかったからです。そのため、私は自分が知らなかった単語をノートに書き留め、いつ復習するのかを付箋に書き、何回も復習しました。ここで私が気を付けたことは、できる限り復習のタイミングを具体的にし、可視化することです。このようにすることで、英語の成績は着実に上がっていきました。

しかし、学年が上がるにつれて、SAPIXの課題の量が増え、部活動とSAPIXとの両立が難しくなっていきました。そこで、私はその日に勉強することを熟考し、紙に書くことで、計画的にやるべきことを進められるようにしました。実際に、何を今、自分がするべきかを紙に書き出し、可視化することで、達成感や自信につなげました。計画を立てる際に私が注意したことは、余裕を持って計画を立てることです。物事は往々にして自分の思う通りには進みません。そのため、あらかじめ余裕を持っておくことで現実的な計画を立てることができました。また、立てた計画は、あくまでも「目標」であり、たとえ達成できなかったとしても落ち込まないことも大切です。

中学3年生になり、受験が近づくにつれて意識していたことは、メンタルヘルスを保つことです。精神的に健康でいるために、私は夜遅くまで勉強することをやめました。なぜなら、夜遅くまで勉強するのは効率が悪いと考えたからです。また、全てを完璧にしようとは考えないでください。そんなことは不可能だからです。物事に優先順位をつけて何が自分に必要かを取捨選択することが大切です。

最後に、これから受験を迎える皆さんには、冷静に、正々堂々闘ってきてほしいです。

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
note版「受験体験記」の一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。