久留米大学附設高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「豪雨、のち晴れ」|2022受験体験記
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

久留米大学附設高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「豪雨、のち晴れ」|2022受験体験記

高校受験 SAPIX中学部

M.Iさん(久留米大学附設高校 進学)保護者さまより

本命中学校の合格発表で息子の番号を見つけられなかった瞬間から、高校受験の道が始まりました。

本好きの息子は、国語や興味がある理科の成績は悪くないけれど、数学や社会に興味がなく、また、漢字や英単語、年号等の積み重ねが嫌いでした。

そんな彼が英語に自信を付けたのは、『全国高校入試問題正解』を完遂したことが大きいと考えます。数学と社会は課題で精いっぱいでした。いえ、それも提出が滞りました。中1秋のSAPIXフォーラムで、難関校に進学した卒業生が自発的に自分を律した話を聞き、「自分で計画的にできるなら、そりゃ合格するよね。ちょっと参考には……」と苦笑いしたものです。

模試の志望校合格可能性は悪くないものの、親は焦り、本人がどこまで本気か分からないまま中3の夏……サピの膨大な課題に、懸命に取り組んでいるはずでした。が、夏休み後半、提出したと嘘をついて課題をさぼっていたことが発覚したのです。息子のスマホを確認すると、通話アプリの利用時間が1日5時間以上!!問いただすと、息子は課題を解くふりをし、ネットを見続けていたそうです。ネットアクセス不可なのに、通話アプリを経由するとは!

学校がなく、まとまった勉強の時間がとれる大事な夏休みにもかかわらず、それを無駄にしたこと、その重大さに気付かないように見える本人の自覚の無さに愕然としました。

私たちはもちろんサピの先生方にも厳しく諭されたのは言うまでもなく、家族会議を経て息子も徐々に真剣に課題に取り組み、遅れを取り戻しました。

ちょうどその頃、以前からのアトピーが悪化し、さらに目眩や吐き気等の症状を訴え起立性調節障害と診断され、夏期講習を度々休みました。思えばこの体調悪化は、課題から逃げ嘘を重ねた後ろめたさからでしょうか。

今振り返れば結果的に豪雨の後、地が固まって良かったのかもしれません。

年明け、息子には対面授業が良いとのご提案を受け、新型コロナ感染を避けるため、毎回往復1時間以上かけてサピまで車で送迎し、先生方に直接喝を入れていただきました。

3戦3勝で迎えた2月10日開成高。数学は拷問並みだったそうですが、晴々した顔で帰宅しました。12日の合格発表で息子の番号を見つけた瞬間は今でも忘れられません。あの夏の大事件が秋以降でなくて本当に良かった……。

3年間共に学んだ仲間と先生方のおかげで最後まで頑張れました。先生方の親身で熱心なご指導に心から感謝しております。

M.Iさんより保護者さまへのメッセージ
「夏に見捨てないでくれて、ありがとう。」

※本文中の偏差値について
「受験体験記」本文中の偏差値は、SAPIXの公開模試の判定値を基準としています


SAPIX中学部公式noteでは、SAPIX中学部 33期卒業生・保護者の皆さんからお寄せいただいた、『受験体験記』の一部を紹介しています。
一覧はこちら▼

なお、冊子版では、全員分の体験記をご覧いただけます。
ご希望の方は、こちらの資料請求フォームより、お気軽にご請求ください。
 ※SAPIX中学部の最新のご案内も同封します

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
高校受験 SAPIX中学部
難関国・私・公立高校を目指す小学5年生~中学3年生を対象とした進学指導塾、SAPIX中学部です。受験生とその保護者の皆さまに、「学習や志望校探しのヒント」や「学習のモチベーションアップにつながる読み物」などをお届けします。受験に向けた情報収集ツールの一つとしてご活用ください。