マガジンのカバー画像

開成・筑駒データベース

20
最難関高校を目指す小中学生のための「開成・筑駒データベース」です。
運営しているクリエイター

#開成高校

開成高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「素晴らしいご指導と励ましで、何とかなりました」|2022受験体験記

R.Yさん(開成高校 進学)保護者さまより 我が愚息は、家庭の事情もあって地方の私立中学校から東京の公立中学校に転校して参りました。そこでSAPIXの門を叩かせていただき、中2の冬期講習から参加することとなりました。内申点を取れる方ではありませんでしたので、公立高校では希望するようなところへの入学は難しいだろうと考えざるを得ませんでした。さらに、社会科はカリキュラムの違いから、習っていないところがまるで解けないといった状態でした。そんなふうに自信をなくしている中、SAPIX

スキ
2

開成高校 進学 保護者からのメッセージ💬 「どこにいても」|2022受験体験記

D.Sさん(開成高校 進学)保護者さまより 息子が「開成高校を受験したい」と口にしたのは中2の終わり。我が家は地方在住、高校受験で目指すのは県立進学校という土地柄です。親としては驚きましたし、正直なところ「受験反対」でした。 ところが、息子の気持ちをくんで参加したオンライン校の春期講習で息子の本気を目の当たりにしました。こうなると親ができることは、ただ一つ。その無謀な挑戦を応援することにしました。 受験に向けての準備期間は1年間。オンラインでの保護者会や面談で首都圏受験

スキ
4

開成高校 進学 卒業生からのメッセージ💬 「こんな自分でも」|2022受験体験記

私はこの体験記を読んでいるあなたとは大きな違いがあります。それは首都圏以外に住んでいることです。そんな私が漠然とした憧れを抱いていた開成への挑戦を決意したのは、中3の春でした。情報もない。ライバルもいない。スタートも遅い。そんな中で出合ったのが、SAPIXのオンライン校でした。そこで待っていた、全国から集まった周りの仲間に圧倒されて抱いた劣等感が、受験に向かう上で、私の最大の原動力になりました。 入室してすぐ、私は「英語」という大きな壁にぶつかります。私がどうやってこの敵を

スキ
3

【インタビュー】野水勉校長先生に聞く 開成高校の今とこれから

1871(明治4)年に呱々(ここ)の声を上げた開成学園は今年2021年に、創立150周年を迎えます。東大合格者数40年連続全国1位を誇る進学校であると同時に、質実剛健かつ自由な校風でも知られる同校は、今後どのような道を歩むのでしょうか。ご自身も開成中学校・高校の卒業生である野水勉校長先生に、開成の今とこれからについてお聞きしました。 ※取材は2021年4月12日に行いました。 ※この記事は2021年6月1日に刊行されたSAPIX中学部の受験情報誌『スクエア』207号に掲載さ

スキ
17

開成高・筑駒高に合格した先輩の夏の過ごし方&科目別アドバイス

SAPIX中学部から開成高・筑駒高に合格した先輩たちの夏の過ごし方や科目別の学習アドバイスをご紹介します。 「夏がターニングポイント」と振り返る先輩多数!開成高・筑駒高に合格した先輩たちの大多数が、受験のターニングポイントとして夏を挙げています。「夏に危機感を持ってたくさん勉強したことで合格に近づけた」「必死に勉強する仲間の姿を見たことで奮起できた」「あの時サボらなくて本当に良かった」など、重要だと感じるポイントはさまざまですが、夏の時間をどのように過ごしたかがその後の受験

スキ
11